メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

アスタキサンチンは脳に良い!

アスタキサンチンは脳に良い!

提供:イラストAC「きのこ」様

 

アスタキサンチンとは

アスタキサンチン』は鮭、鯛、エビ、オキアミ、カニ、特定の藻などに含まれる赤色の天然色素『カロテノイド』の一種です。同様に人参のオレンジ色は『β-カロテン』、トマトの赤色は『リコピン』というカロテノイドの一種です。

ところで生きている時のカニやエビは地味な色をしており、赤色ではありません。理由はアスタキサンチンがタンパク質と結合しているため。加熱すると赤に変色するのはご存知かと思います。結合していたタンパク質と分離して赤に変色するんですね。

アスタキサンチンが素晴しいのは『抗酸化作用』が非常に強く、他の栄養素と比較しても桁違いなんです。ビタミンE1000倍の抗酸化力を誇ります。

抗酸化作用、抗炎症作用により神経や筋肉、血管、血流の改善、肌の老化、肝臓や腎臓の機能、眼精疲労、性機能、免疫機能に期待されています。

アスタキサンチンの摂取

人間はアスタキサンチンを体内で生成することができません。鮭やカニなどの魚類や甲殻類も同じで食物連鎖を通じてアスタキサンチンを蓄積するようになります。実際、鮭自体は白身魚ですが海でオキアミというプランクトンを摂取することでアスタキサンチン保有し赤身になります。ちなみに鮭が海から川、それも上流へ遡上し産卵するスタミナとパワーはアスタキサンチンが大きく関係しているようです。

人間の私達も食物連鎖を意識して食事に鮭やカニ、エビを取り入れたいところですが、一部のビタミンやミネラルとは異なり果物や飲料で手軽に摂取することができません。

手軽に摂取することを考えると、やはりサプリメントで補うことをオススメいたします。サプリメントであれば服用するだけの手間で済みますし、費用も1日当たり数十円~百円前後に抑えることができます。

下記をクリックすると続きをよむことができます

 

likehuman.info