メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

ストレスや不安なメンタルには鮭がオススメ

鮭

提供:photoAC「ドリームドリーム」様

鮭。日本で鮭といえばシロサケ。シロサケにはアキサケ、アキアジなどの名称もあるようです。トキシラズ(時知らず)は産卵期以外の時期に取れる季節外れの鮭の呼称。

産卵のために栄養が疲弊していないので旬のものより美味いとのこと1)。そんな鮭ですが、美味しいだけではありません。

このストレス社会で疲弊したメンタルに鮭はかなりオススメ。鮭に豊富に含まれるアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸はストレスや不安対策に非常に有効な成分です。オメガ3脂肪酸メンタルヘルスにおいて重要な成分であることは当ブログでもとりあげていますが、アスタキサンチンも同様にメンタルヘルスにおいて重要な成分なんです。

私達の体は常に「酸化ストレス」によるダメージを受けています。

今、この瞬間も体内のミトコンドリアがエネルギーを生成してくれることで私達は生きることができているのですが、その代償としてROS(活性酸素種)やRNS(活性窒素種)などの物質が代謝の過程で発生しているんです。

これらは「酸化ストレス」と呼ばれ、免疫として重要な役割を担いますが、過剰に発生すると正常な細胞を破壊するようになります。脳内でも同様に神経損傷などのリスクが高まります。そして神経の損傷はメンタルにも影響を及ぼします。

そこで必要なのが抗酸化物質。

抗酸化物質はカロテノイド(アスタキサンチンなど)、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)等の栄養が該当します。人は日常生活をおくるだけで活性酸素が蓄積していきます。体内にも活性酸素を抑制する働きはあるのですが、不規則な生活やストレス、年齢により処理が間に合いません。そのため食品(栄養)からも摂取して抗酸化システムの強化を図る必要があります。

抗酸化物質の中でもアスタキサンチンはかなりオススメ。

アスタキサンチンの『抗酸化作用』は非常に強く、他の栄養素と比較しても桁違い。ビタミンE1000倍の抗酸化力を誇ります。酸化によるダメージを受けるのは脳も同じ。抗酸化物質を摂ることで脳の劣化を防ぎ、脳機能を維持することはメンタルヘルスにとても有益なことです。

鮭について更にくわしく

 

likehuman.info

職場の人間関係によるストレスから脱出したい方は『在宅プログラマー』がオススメ

likehuman.info

 

会社で頻繁にひどく落ち込む方はコチラ

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブ色々ありますが、何をやっても効果がない。

精神を病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

likehuman.info

 

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

likehuman.info

 

参考文献

1)
フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki
・『漢字百話 魚の部 魚・肴・さかな事典』大修館書店、1987年11月1日。ISBN 4-469-23045-6。
・“魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
・サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
萱野茂アイヌ料理」154頁。
・a b c “サケ 北海道の食文化・サケ”. 国土交通省 北海道開発局. 2019年10月5日閲覧。
・マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年