メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

「不満」メンタル にオススメの栄養とハーブの組み合わせを

不満が溜まっている方に

 提供:photoAC「acworks」様

 

 基本的に人間は思い通りにならない時、メンタルに「不満」を感じます。当然といえば当然ですが、度が過ぎるとストレスとなり、メンタルにも肉体にも悪影響となります。

不満が過ぎるとストレスになる

人間はストレスに晒された時、「戦う」又は「逃げる」どちらかの行動を咄嗟にするための準備を本能的に行います。扁桃体が活性化し、自律神経により血管は細くなり、コルチゾールやアドレナリン、ノルアドレナリンが分泌され体が戦闘態勢へと移行します。大昔の狩猟メインの時代であれば必要な能力です。ですが現代社会において「戦う」「逃げる」のいずれかを選択して一定時間経過後、万事解決はあまりありません。長期的(慢性的)なストレス社会なのです。長期的なストレスは戦闘態勢の継続を意味し、コルチゾールを消耗させメンタルや体を弱らせます。

※NEW! 是非ご覧ください。このページの内容もまとめています。

タイトルクリックで移動します

likehuman.info

「不満」メンタル にオススメの栄養について

抗酸化物質
抗酸化物質はカロテノイド(アスタキサンチンなど)、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)等の栄養のこと。体内にも活性酸素を抑制する働きはありますが、不規則な生活やストレス、栄養不足、年齢により処理が追いつかない場合があります。そのため食品(栄養)からも摂取して抗酸化システムを強化することが求められます。

ミネラル
特にカルシウム、マグネシウムは骨や歯の構成だけでなく筋肉の収縮や弛緩、エネルギー生成の補助、神経の興奮や緊張の緩和に関与し、鉄分は血液の元となる他、セロトニンの生成に関与しているためメンタルヘルスでは重要。これらのミネラル成分を含むサプリメントがおすすめです。

DHA・EPA
14人の医学生を対象とした長期にわたる心理ストレスに対するDHAの効果を検証する試験が行われました。試験期間は9週間で終了時にアドレナリン、ノルアドレナリンドーパミンコルチゾールを測定。NEに対するEの血漿比はすべてのDHA被験者で増加しました。この比率はストレスに対する好ましい適応反応として解釈されています1)。以上のことからDHAは長期的ストレス時のメンタル栄養素として適しているようです2)。

「不満」 の蓄積にオススメのオススメの生活習慣

人間はストレスに晒された時、扁桃体が活性化します。扁桃体が活性化してしまうと些細なストレスにもメンタルが敏感に反応しますので、鎮静化が困難になり長期化する場合があります。そこで何らかの方法で扁桃体を鎮静化(正常化)、活性化の予防をする必要があるのですが、それにはセロトニンを増やす他、瞑想や今話題のマインドフルネスなどもメンタルに良いかもしれません。

「不満」 の蓄積にオススメのハーブ

☆就寝前や帰宅後にオススメのハーブ☆

ラベンダー

☆いつでもオススメのハーブ☆

ローズヒップ
ホーリーバジル(トゥルシー)、
レモンバーム
ペパーミント

 ☆ハーブの詳細や商品はこちらから☆

タイトルクリックで移動します

likehuman.info

職場の人間関係によるストレスから脱出したい方は『在宅プログラマー』がオススメ

likehuman.info

仕事でメンタルが限界な方はコチラ 

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブ色々ありますが、何をやっても効果がない。

精神を病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はコチラ
・女性向け転職サイトも多数追加しました
障がい者向け転職サイト追加しました
・スクールや講座も多数紹介

likehuman.info

フリーランスや起業を考えている方はコチラ

likehuman.info

参考文献

1)
Joanne Bradbury,corresponding author1,2 Stephen P Myers,1,3 and Chris Oliver3,4
『An adaptogenic role for omega-3 fatty acids in stress; a randomised placebo controlled double blind intervention study (pilot) [ISRCTN22569553]』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC538287/

2)
Shigeki SAWAZAKI, Tomohito HAMAZAKI, Kazunaga YAZAWA, Masashi KOBAYASHI
『The Effect of Docosahexaenoic Acid on Plasma Catecholamine Concentrations and Glucose Tolerance during Long-Lasting Psychological Stress: A Double-Blind Placebo-Controlled Study』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jnsv1973/45/5/45_5_655/_article