メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

「深く落ち込む」ことが頻繁なメンタルにオススメしたい栄養とハーブの組み合わせ

落ち込みやすい方

 提供:photoAC「はむぱん」様

 

 

落ち込みやすい方のタイプは様々ですが、もしもほぼ毎日メンタルが深く落ち込むようであれば専門家に相談することをおすすめします。無理は良くないですが、定期的な日光浴や運動、食生活(栄養バランス)の改善、充分な休養でメンタルや体の健康を意識することが大事です。

※NEW! 是非ご覧ください。このページの内容もまとめています。

タイトルクリックで移動します

likehuman.info

「深く落ち込む」ことが頻繁なメンタルにオススメしたい栄養について

葉酸
ビタミンの一種で血液の構成や代謝、メンタルの健康維持に重要な成分。

ビタミンD
基本的には日光(紫外線)により生成される特殊な栄養のため、あまり外出をしない方はサプリメントなどで補うことをお勧めいたします。骨の代謝だけでなく、免疫の向上、神経伝達物質の生成に関与するため、体だけでなくメンタルヘルスに重要な栄養です。

タンパク質
タンパク質は体を構成する主要栄養素です。髪や骨、皮膚、血管、内臓など組織の構成やホルモンなどの生成で必要不可欠。特に必須アミノ酸の一種であるトリプトファンメチオニン神経伝達物質の生成に関与するため、メンタルヘルスにおいて重要です。

ビタミンB群
栄養素の代謝に必要不可欠で不足するとエネルギーやホルモン、神経伝達物質の生成が困難になるため、全身の倦怠感やメンタルを害する原因になり、体や脳に良くありません。ビタミンB群が一通り配合されているマルチビタミンサプリメントがお手軽でオススメです。

ミネラル
特にカルシウム、マグネシウムは骨や歯の構成だけでなく筋肉の収縮や弛緩、エネルギー生成の補助、神経の興奮や緊張の緩和に関与し、鉄は血液の元となる他、セロトニンの生成に関与しているためメンタルヘルスでは重要。これらのミネラル成分を含むサプリメントがおすすめです。

DHA・EPA
うつ病患者の脳内では炎症メディエーターの過剰な発現が認められますが、DHAEPAなどのオメガ3脂肪酸は免疫炎症性シグナル伝達の恒常性を維持する抗炎症作用と炎症解消作用を持つことが試験結果により示唆されたようです1)。

「深く落ち込む」ことが頻繁なメンタルにオススメしたい生活習慣

セロトニン神経伝達物質の一種です。安心感やメンタルへの耐性を与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれ、セロトニンの枯渇や機能低下はメンタルヘルスに悪影響を及ぼすともいわれています。実際、セロトニンを正常化させる抗うつ剤が多くの患者において効果的。ですが患者によっては副作用や依存性が懸念事項となります。医薬品以外でセロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境の改善、日光浴や適度な運動、必須アミノ酸の一種トリプトファンの摂取などが重要になります。

「深く落ち込む」ことが頻繁なメンタルにオススメしたいハーブ 

☆就寝前や帰宅後にオススメのハーブ☆

セントジョンズワート
ヴァレリアン、
パッションフラワー

☆いつでもオススメのハーブ☆

ブラフミ、サフラン
ペパーミント、高麗人参
ロディオラ、ウコン

☆ハーブの詳細や商品はこちらから☆

タイトルクリックで移動します

likehuman.info

職場の人間関係によるストレスから脱出したい方は『在宅プログラマー』がオススメ

likehuman.info

仕事でメンタルが限界な方はコチラ

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブ色々ありますが、何をやっても効果がない。

精神を病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

likehuman.info

フリーランスや起業を考えている方はコチラ

likehuman.info

参考文献

1)
Robert K McNamara 1
『Mitigation of Inflammation-Induced Mood Dysregulation by Long-Chain Omega-3 Fatty Acids』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26400435/