メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養とハーブの組み合わせ

怒り

提供:photoAC「mink」様

 

一般的には不満や不安、気苦労、睡眠不足、糖分の不足が原因で怒りっぽくなるようです。薬物使用時やニコチン、カフェイン、アルコール依存からの離脱時にも発生します。

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養について

抗酸化物質
抗酸化物質はカロテノイド(アスタキサンチンなど)、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)等の栄養のこと。体内にも活性酸素を抑制する働きはありますが、不規則な生活やストレス、栄養不足、年齢により処理が追いつかない場合があります。そのため食品(栄養)からも摂取して抗酸化システムを強化することが求められます。

ミネラル
特にカルシウム、マグネシウムは骨や歯の構成だけでなく筋肉の収縮や弛緩、エネルギー生成の補助、神経の興奮や緊張の緩和に関与し、鉄は血液の元となる他、セロトニンの生成に関与しているためメンタルヘルスでは重要。これらのミネラル成分を含むサプリメントがおすすめです。

DHA・EPA
オメガ3脂肪酸は脳の発達や健康維持に不可欠とされ、オメガ3脂肪酸の摂取不足はセロトニンノルアドレナリンドーパミンなど神経伝達物質の分泌に影響し、脳機能の低下やメンタルヘルスに悪影響を及ぼすといわれています。そのためオメガ3脂肪酸反社会的行動、攻撃性および敵意の減少に役立つ可能性があるという研究結果も存在します1)。

「怒る」ことが多い方にオススメの生活習慣

脳内にはセロトニンドーパミンノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質が存在します。セロトニンは安心感やストレスへの耐性をメンタルに与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれます。ドーパミンは愉快な気分や快楽に関与。ノルアドレナリンは覚醒-睡眠、空間記憶、学習、不安の増大や否定的な気分に関与しています。更にセロトニンについてはドーパミンノルアドレナリンを制御する働きも担うためセロトニンが減少すると、ドーパミンノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減はメンタルヘルスにおいて重要となります。

「怒る」ことが多い方にオススメのハーブ

☆就寝前や帰宅後にオススメのハーブ☆

リンデン、カモミール
ラベンダー、パッションフラワー

☆いつでもオススメのハーブ☆

ペパーミント、レモンバーム
ホーリーバジル(トゥルシー)、
スカルキャップ

☆ハーブの詳細や商品はこちらから☆

likehuman.info

「怒り」に関するその他の記事

「怒り」の種類と「怒り」の裏に隠された障害のタイプについて

likehuman.info

 

職場における「怒り」の種類と対策

likehuman.info

 

 

仕事でメンタルが限界な方はコチラ

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブ色々ありますが、何をやっても効果がない。

精神を病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

likehuman.info

フリーランスや起業を考えている方はコチラ

likehuman.info

参考文献

1)
Alexis Eduardo Tapia S
『OMEGA-3 FATTY ACIDS SUPPLEMENTATION DECREASES THE AGGRESSIVENESS, HOSTILITY AND ANTISOCIAL BEHAVIOR』
https://scielo.conicyt.cl/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0717-75182005000200003