メンタルヘルスのお部屋

メンタルヘルスにおすすめの栄養やハーブを紹介いたします

脳の栄養とメンタルヘルス

脳に必要な栄養はブドウ糖だけじゃない

提供:イラストAC「K-factory」様

 

脳が必要とする栄養はブドウ糖だけではありません。

 

「脳に必要な栄養はブドウ糖のみ」そんなイメージがあります。確かに脳が必要とするエネルギー源はブドウ糖です。ですが脳を構成、維持する栄養素もしっかり摂取しなければパフォーマンスが発揮されないどころか認知機能低下や疾病にもつながります。

脳が必要とする代表的な栄養素は以下の通り。

 

ブドウ糖

ブドウ糖
提供:photoAC「HiC」様


ブドウ糖は脳が必要とする唯一のエネルギー源です。脳はブドウ糖を全身の消費量の20%強も消費するため、(性別や体重にもよりますが)グラムに換算すると120gのブドウ糖を1日に消費していることになります。

 

ビタミンB群

ビタミンB群
イラストAC「kakecco」様


タンパク質や脂質、炭水化物の代謝に必要です。どんなに肉や魚を摂取しても分解して必要な物質に変換しなければ意味がありません。例を挙げるとビタミンB1ビタミンB2は糖質や脂質をエネルギーに変え、ビタミンB6はアミノ酸から神経伝達物質を生成させます。

 

DHA

オメガ3脂肪酸
提供:イラストAC「キラーT細胞」様

n-3系脂肪酸の一種 『ドコサヘキサエン酸(DHA)』は、脳の細胞膜で最も豊富に含まれています。お子様の脳の発達や健康維持においては特に重要です。ある程度体内で合成される物質ですが効率が悪く、食事やサプリメントで摂取して下さい。

 

EPA

EPA
提供:イラストAC「dreamtea3」様

n-3系脂肪酸の一種 『エイコサペンタエン酸(EPA)』はDHAと比較すると脳内にほとんど存在しませんが血液、血管の健康維持に重要です。循環血液総量のうち約15%が脳へと分配されますので血液や血管に問題がある場合、必然的に脳へ悪影響を及ぼす可能性があります。

 

アミノ酸

アミノ酸
提供:photoAC「yuzitan」様

アミノ酸の中でも必須アミノ酸であるトリプトファンメンタルヘルスでは重要です。トリプトファンセロトニンメラトニン、キヌレニン、ビタミンナイアシン(ニコチンアミド)などの生理活性代謝物に代謝的に変換されます。中でもセロトニンは脳機能の調節に重要であり、セロトニン作動系の調節不全は、多くの精神医学的および神経学的障害の病因に関与するといわれています。

 

抗酸化物質(アスタキサンチンなど)

アスタキサンチン
提供:イラストAC「猫邑シノ」様

錆びつかせない、腐らせない力で脳や体を守ります。β-カロテンやリコピンアスタキサンチンなどが該当します。特にアスタキサンチンの抗酸化力は非常に強くサプリメントとして人気です。

 

ミネラル

ミネラル

特にカルシウム、マグネシウムは骨や歯の構成だけでなく筋肉の収縮や弛緩、エネルギー生成の補助、神経の興奮や緊張の緩和に関与し、鉄は血液の元となる他、セロトニンの生成に関与しているためメンタルヘルスでは重要な栄養素。これらのミネラル成分を含むサプリメントがおすすめです。最近の情報によるとマグネシウムメンタルヘルスにおいて特に注目されている栄養(ミネラル)の一種です。

 

栄養不足はメンタルヘルスに悪影響

メンタルに悪影響
提供:photoAC「ritomaru」様

食事の栄養バランスは大事ですが、ストレスや多忙により多くの方の食事内容は偏りがちに。そこから更に喫煙や大量のアルコール、ストレスなどの要因は脳の代謝や酸化ストレスを加速させ、脳機能を低下させます。

そして長期的な脳機能低下は精神障害脳卒中を引き起こす可能性がありますので、食事の栄養バランスを意識することは重要です。

 

下記サイトでメンタルヘルスに関する思考術や栄養、ハーブ、グッズの他、転職やフリーランスについて書いています。是非、ご覧ください

likehuman.info